ギター講座(8) フィンガー・ピッキングに挑戦

フィンガー・ピッキングというと、ピックでストロークするのではなく、指で1本ずつ弾く方法です。アコースティックギターらしさが強く出る弾き方で、これぞアコギ!という美しい響きがします。

フォーム

DSCF9847

右手のフォームはこの写真を参考にしてください。やや丸めた感じのフォームで弦の前で待機させます。

DSCF9845

右手は握りきらず、だんごのような形にしておきます(赤い丸部分)。軽く卵が握れるほどと形容されることもありますね。人差し指〜薬指は弦を楽にはじけるように曲げて待機させます(青い四角の部分)。

各指の担当

指の担当ですが、親指が上3本の弦(6,5,4弦)、人差し指が3弦、中指が2弦、薬指が1弦を担当します。小指は使いません。

右手指配置

基本パターンを弾いてみる

指弾きのアルペジオと言ったら、とりあえずこれをやっておけば問題ないというほど定番のパターンがこちら。

ex1

コードはCに合わせ、親指で5弦、次に人差し指で3弦、中指薬指で2,1弦を同時に弾き、また3弦を弾く。これの繰り返しです。

親指の担当は

親指は一度に上3本を弾くわけではなく、コードによって弾く弦が変わります。上の例ではCなので5弦を弾きましたが、コード毎に下のようになります。

E、F、G……6弦
C、B、A……5弦
D、(F、E)……4弦

たとえば C-Dm-Em-F なら、順に 5-4-6-6 と弾いていく感じになります。

というわけで、下に練習用の譜面を用意しました。一度試してみてください。

練習

ex2

カーペンターズの「Yesterday Once More」の冒頭風コード進行。コードの数も少し多いですが、右手の親指がコードによって違う弦を弾いているところに注意してください。最後のGは親指〜薬指の全ての指で同時に弾きます。

Emなどは押さえている場所を弾かないので、実際左手は何も押さえなくても同じ音になるんですが、鳴らそうが鳴らすまいが上のコードを押さえて弾くのがセオリーになっています。サボらずにコードはきちんと押さえましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です