ギター講座(11) 16ビート・ストロークに挑戦

16ビートは昨今のJ-POPを演奏する際には欠かせないリズムパターンです。右手の動きが素早いので、右手の動きに慣れがいります。コツとしては腕の振りをとどめて、手首から先を柔らかくして演奏すること。

16ビートと8ビート

16ビートはギターで弾く際に、16分音符単位で右手が往復します。結果的に1拍に右手が二往復することになり、8ビートの時と比べて、倍の速さになります。1拍にダウンが2回と覚えておくといいです。

16beat-basic

この動きで8分音符を連続して弾くと、全てダウンストロークになります(上図・下の段)。この辺りが16ビートを把握する一つのカギになってきます。

 

footsteps

拍の頭に足でリズムを取っていけると理想的。拍と拍の間にあるダウンストローク部分で踏んでしまわないように注意。

実際のリズム

ex

このように取ります。右手は常に16分音符単位で動きます。ダウンの部分での空振りを意識すると安定しやすいです。この場合は1拍目のウラの部分。

実践してみる

その1

ex1
上のリズムにCadd9を加えたもの。ポップス系の常套進行です。

cadd9
この進行の場合、1,2弦3fを押さえたまま、上の2本だけを入れ替えていくように弾く場合がほとんどです。

その2

ex2
こちらはミスチルの「花-memento mori-」のイントロ風。ゆっくりのテンポなので、ざっくりと腕から振り下ろすように弾きます。曲の頭がこれから始まるので、コード二つしかない割にはえらく印象的。

その3

ex3
コブクロ「蕾」のサビ風。最後の小節は16ビートの振りを維持する場合、全部ダウンになります。カッコ内の空振りも出来ればやっておいた方が良いと思います。無くても弾けますけどね。

その4

ex4
スピッツ「ロビンソン」のイントロ風。カポ2fに装着すると、原曲キーになります。

これはテンポが速いので、全弦を無理にピッキングせずに、下の高音弦部分だけをシャラシャラと鳴らすように軽めにストロークするとうまくいきます。テンポが速くなればなるほど、腕をあまり振らず手首のスナップを利用して、先の部分だけで音を出すようにします。

途中にシンコペーションがあるので、3拍目の頭の部分は空振りですが、サボらずにしっかりと。そうすることで拍の頭が取れるようになってくるので、安定した16ビートを演奏できます。足でステップしている場合は空振りと同時に踏むことになるので、こちらも狂わないように注意。

16ビートに右手が付いていかないとき

ピックの持ち方

ピックの持ち方をチェックしてみてください。親指と人差し指で軽く握れていますか?ピックを持ち慣れなかったり、我流で弾き続けている方の中には、中指も使って握りしめているケースがたまにありますが、これは軽く振れないのでNGです。

こちらの記事も参考に→ピックを自在に操るためのコツと選び方

振り方

遅いリズムの時は腕を振り、速くなるに従って手首をメインに動かします。テンポ100超えの16ビートだと、右手は80%ぐらいが手首中心。

手を洗った後に水を切るときの動作に似たイメージで、スナップを強く効かせた振りを心がけます。腕自体はあまり振られておらず、手首から先が小刻みに動いている感覚。6本の弦全てを狙わず、2,3弦辺りを中心にした細かい動きを意識しましょう。

下の動画も参考にどうぞ。

まとめ

16ビートは右手の動きが壁となって、なかなか速さに付いていくのに経験がいる弾き方です。左手の力がうまく抜けるぐらいになってくると、右手も力が抜けて良い感じになってきます。

最後に書いたとおり、右手のピックを落とさないようにと握りしめると逆効果なので、落としてもいいやぐらいの気持ちで軽く持っておいた方がいいですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です