愛器紹介〜Morris(モーリス) S-53

先日エレキギターの紹介記事を書きましたが、今度はアコギです。

DSCF9822

MorrisのS-53というもので、主にフィンガーピッキング用にデザインされたというモデル。ふくよかかつブライトな音が出ます。ボディが薄くて低音はあまり出ません。

そんなに高価なギターではないんですが、ていうか、こういう商売をしている人が持つには安すぎるぐらいの代物なんですが、音はその価格以上に良く、フィンガーピッキングの際には実に良く歌ってくれるギターです。

ダブル・ピックアップ

もともとは普通のアコースティックですが、ピックアップを着けてエレアコ化しています。ボディの薄さもあるからか、ハウリングはあまりしません。

DSCF9823

ピックアップはFISHMANのマグネティックが一つ。そして、見えませんが、内部にはピエゾが装着されています。

底部のストラップピンをジャックに改造して、今ではライブでもガンガン使えるものへと変貌しています。

DSCF9824

プリアンプ

アコギにはマイクが付いてるだけなので、このままでは出力信号が貧弱でうまく音が出ません。そこで、アコースティック・プリアンプの登場となります。

長らくBOSSのAD-5というのを使っていましたが、最近では使い勝手の良さと多機能にやられてZOOM A3をメインにしています。

僕のギターは前述の通り、ピックアップが二つ付いてるので、それらをブレンドする必要があります。マグネティックで音の芯を出して、ピエゾで音の輪郭と煌びやかな部分を担当する、こんなイメージでブレンドした音を出力しています。

BOSS AD-5もそうなんですが、ZOOM A3は2系統の入力をブレンドできる数少ないモデルです。


ちなみに、こちらはこのギターにA3という組み合わせでのライン録音。

実は稀少品

S-53はカタログに載ってない、展示会用の限定15本生産のギターらしいです。この記事を書くときに初めて知りました。別にプレミアが付くような存在ではないようですが、どうりであれ以来楽器店で見ないわけです。

DSCF9825

学生の頃に買ったヤマハのエレキも後で見ると限定10本だったということがありましたが、どうもこういうのに縁があるみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です