名曲イントロをギター1本で「John Lennon / Imagine」

弾き語りなどでギター1本で伴奏する際に困るのがイントロ。曲の顔となるようなフレーズが入ってることも多く、出来るだけ再現したいのが本音ですよね。

そんなイントロをギター1本で、できる限り再現してみようというこの企画。第1回はジョン・レノンの名曲「Imagine(イマジン)」です。

フィンガーピッキングでピアノを再現

シンプルなピアノのイントロは、出だしのCadd9と、2小節目終わりのアクセント的単音フレーズがミソ。

Cadd9はセオリー通り中指-薬指-小指で、Fの方は最後の16分音符混じりのフレーズを弾くことを考えて、6弦を親指で押さえておくのがベター。他の部分は3弦中指、4弦小指、5弦薬指となりますが、1小節目ラストのCmaj7で鳴らした2弦開放の音を消したい場合は、2弦1fを人差し指で押さえても良いです。

最後の単音フレーズは4弦の小指を離して対処します。2f-3fに掛けてはハンマリングしてもピッキングしてもいいですが、普通にピッキングした方が原曲らしくなります。

まとめ

このイントロはAメロ部分を通してずっと鳴っているので、この上に歌を載せて伴奏として利用することも可能。Fの一部分だけが動くところなど、こういうのに慣れていない人には左手の練習にもいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です